FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤緯占星術講座直前!お席あり参加いただけます

ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

先にお知らせしました、
『赤緯占星術―シャーマニックシンボルで一度ずつ読む』ですが、
お席があり、まだ参加いただけるようです。

*************************************

日時   2019年4月6日(土) 13:15~15:45

場所   銀座アントレサロン・セミナールーム

参加費  8500円

*************************************

Kindle『赤緯占星術Ⅱ シャーマニック・シンボル』販売開始で、
ご興味をもたれた方は、この機会にぜひご参加ください。

参加申し込みや、場所の詳しい案内は次をご覧ください。

  おーぷん・ざ・せさみず
  https://sesamis.jimdo.com/


スポンサーサイト

松村潔先生からご紹介のコメントをいただきました



ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

本日Amazonで販売開始されました、
『赤緯占星術Ⅱ シャーマニック・シンボル』について、
松村潔先生からご紹介のコメントをfacebookに掲載いただきました。

「茜鳥ジュン氏が、キンドルで、赤緯占星術Ⅱシャーマニック・シンボルを出すそうです。
赤緯一度ずつに、サビアンのように意味があるというものです。
わたしは以前、黄緯をサビアンみたいにしようという提案はしていました。
で、サインなどの経度は性格の違いであるが、
緯度のほうは圧力とかテンションの違いと、説明しています。
このテンションの影響力はかなり強制的な感じがします。
駆り立てられるような、という雰囲気です。
みんなキンドルで買って読んでみるといいんじゃないのかと思います。」

ありがとうございます。

本日より販売開始しました。
無料キャンペーン期間は、
2019年4月5日(金曜日)、午前12:00 PDT  から 
2019年4月6日(土曜日)、午後11:59 PDT  までです。

キャンペーン期間中のダウンロードをおすすめします。
なお2回目のキャンペーンを行うことはありません。

下記ページで、ご購入いただけます。




赤緯占星術Ⅱシャーマニック・シンボル公開!

ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

お待たせいたしました。
本日4日深夜に、かねてからお知らしたKindle本が公開されました。

『赤緯占星術Ⅱ シャーマニック・シンボル』です。

本書は、赤緯の一度ずつをチャネリングして詩文にした、
「シャーマニック・シンボル」の訳と解説を述べています。

さらに赤緯の一度ずつを数字の象徴をベースにして読み、
赤緯の惑星全体を一つチャートして総合読みする手法も紹介しています。

赤緯全体の解説を述べた「赤緯占星術Ⅰ」からリリースするのが順番ですが、
サビアンに親しんでいる方も増えており、赤緯にもサビアンのような詩文があって、
それを先に紹介した方が赤緯の手法により興味を持っていただけるかと思い、
本書「赤緯占星術Ⅱ シャーマニック・シンボル」から先にリリースしました。

シャーマニック・シンボルの詩文は、
イギリス占星術家ポール・ニューマン(Paul Newman)さんと、
ヒーラーであるロレイン・ジェリセビック(Lorraine Jericevic)さんによって、
実験された内容が書き留められました。

お二人に連絡して翻訳紹介する了解をいただき、
本書では筆者が赤緯29度まで翻訳、解説文を加えています。

最初は、シンボルの詩文が何を象徴しているのかよく分かりませんでしが、
赤緯の度数を数字の象徴として読んでいくうち、
人物の惑星もかなり具体的なところまで読めることにに気がつき、
あらためて驚いているところです。

例えば、ミュージシャンの持つ惑星は赤緯の7の倍数の度数に集中しており、
筆者自身も執筆しながら驚きを禁じえませんでした。
詳しくは、本書をぜひ一読いただきご自分なりに研究なさってみてください。

本書によって、サインやアスペクトなどの黄経の読み方に加えて、
赤緯で読む内容も加わえることができるはずです。

なお販売開始にあたって、一日だけの無料キャンペーンを行います。

無料キャンペーン期間は、
2019年4月5日(金曜日)、午前12:00 PDT  から 
2019年4月6日(土曜日)、午後11:59 PDT  までです。

キャンペーン期間中のダウンロードをおすすめします。
なお2回目のキャンペーンを行うことはありません。

またダウンロードなった方は、Amazonページで、
感想をコメントいただけますと、大変ありがたく思います。

下記ページで、ご購入いただけます。





講座します!『赤緯占星術―シャーマニックシンボルで一度ずつ読む』

horoscope


ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

こんばんは。
随分久しぶりのブログ更新です。
最後の日付が2017年5月なので、2年近く空いていたことになります。

久しぶりの更新は講座のお知らせです。
赤緯占星術の講座です。

今回は「シャーマニック・シンボル」も使って赤緯の一度一度ずつを読んでいきます。
サビアンご存じの方も多いでしょう。
サビアンと同じく、赤緯の一度ずつをチャネリングして、
象徴の詩文を書きだしたのが「シャーマニック・シンボル」です。

赤緯の一度ずつを解釈していく内容ですから、
赤緯を一つのホロスコープのように読めることになります。

「シャーマニック・シンボル」は今まで何度も紹介してきましたが、
ただその詩文の内容をどう読むのか解釈するのかが、よく分からないままでした。
それをタロットのように数字の象徴として、シンボルの意味を読んでいきます。

数字の象徴を活用すると、
驚くくらいチャートの人物のライフワークや才能があからさまに浮かび上がります。

そうだったのか!こんな風に惑星使っていたのか!
と感じることしきり。

今回からはホロスコープ読むときに、
赤緯も併用して読んで使うことを目論む内容になります。

以下の「せさみず」さんのページ文もご覧ください。
Kindle版は、今必死になってまとめてる最中です。

いつ公開するかはまたあらたてアップします。
とり急ぎ今回は講座のお知らせをアップします。



*************************************

2016年に亡くなったロック音楽のカリスマ、デヴィッド・ボウイ。
映画『地球に落ちてきた男』では、
墜落した宇宙船から現れた「美形の宇宙人」を演じました。

ボウイの出生図で「金星」は「赤緯17度」にあります。
「17度」はタロットカードの17「星」とリンクします。
「星」からの影響を音楽のほか、時代のアートシーンに降ろしました。
「金星赤緯17度」の「美形の宇宙人」はまさに、はまり役です。

カンフー映画『燃えよドラゴン』が全米でヒットした、ブルース・リー。
『死亡遊戯』というタイトル作を撮影中に、突然の謎の死を遂げました。

ブルース・リーの出生図で「月」「火星「木星」「土星」、
さらに「カイロン」までも「赤緯13度」にあります。
「13度」はタロットカード13「死神」とリンクします。
死亡してから世界的に有名になったのは、とても象徴的です。

アニメ漫画界に多大な影響を与えた「マンガの神様」、手塚治虫。
『ブラックジャック』『火の鳥』で、命をテーマした作品を残しました。

手塚治虫の出生図で「太陽」は「赤緯15度」にあります。
「赤緯15度」のシャーマニック・シンボルは「聖杯」が登場します。
「聖杯」は『火の鳥』のテーマである「永遠の命」を象徴しています。

さらに、iPhone、iPadを遺した、スティーブ・ジョブズ。
ジョブズは徹底した完璧主義者で、部下に高い目標を提示しましたが、
要求する水準ができない者には、放送禁止用語だらけの罵倒を浴びせたとか。

ジョブズの出生図で「水星」は「赤緯15度」にあります。
「15度」はタロットカード15「悪魔」にリンクします。
1+5=6、「6」の完璧主義者で、有無を言わさぬ強制力があったからこそ、
画期的な製品を世界に遺すことができたのでしょう。


なぜ「赤緯」を取り上げ、それを読むのか。
そう尋ねられたなら、上のような事例を挙げて答えるでしょう。
赤緯には、その人のライフワークや人生のテーマがあからさまなくらい、
現われてくると。

地球の自転軸がなぜ傾いているのか、は永遠の謎でしょうが、
地球の赤道が太陽系のスタンダードである黄道面と一致しないのは、
地球が季節を産み生命の多様性を表現したい「たくらみ」なのかもしれない,
と思うことがあります。

「赤緯」は地球上に住んでいる場合にしか現れません。
「地球上」にだけしか通用しないものであるなら、
「地球に落ちてきた」目的である「ライフワーク」は、
「赤緯」を知ることでより鮮明に表現できるように思います。


長い前振りになりましたが、かなり久しぶりの講座ですが、
今回は「シャーマニック・シンボル」を取り上げ、
赤緯一度ずつの象徴の意味を読んでいきます。

黄経の一度ずつに詩文が割り当てられている、
「サビアン」についてはご存知の方も多いでしょう。

「シャーマニック・シンボル」は「サビアン」のように、
赤緯一度ずつをチャネリングして表現された詩文です。

ただ、「サビアン」のように一文ではなくて、
何行にもわたる詩文であり、詩文をそのまま読んだだけでは、
何を表現しているのか、どう使えばよいのかは分かりません。

ですが、「シャーマニック・シンボル」も数字の象徴性から見ると、
タロットカードと共通する意味が現われてきます。

「蛇」が登場する「11度」「19度」はインドやヨガに関わる人に現われ、
また「18度」は研究者や暗号解読、古文書解読する人に現われ、
20度はタロットカード20「審判」の墓暴きのように「暴露」に関わります。

その不思議な一致を目の当たりにしていくと、
赤緯を読まないのはとても重要な情報を置き去りにしたままなのではないか、
と、感じるかもしれません。

講座の料金と、
同時並行で進めているKindle出版「赤緯占星術Ⅱシャーマニックシンボル」の、
価格については、「13」の数字を念頭に置いています。

黄経12サインに対してオールターナティヴであることと、
伝統的な読み方に挑戦するという意味を込めています。

講座の4月6日当日までには、
Kindle版「赤緯占星術Ⅱシャーマニックシンボル」をAmazonで公開販売する計画です。

公開してからはキャンペーン価格でダウンロードできる日を一日だけ設定する計画です。
公開してからでないとキャンペーンは実施できないらしいので、
私からの連絡を注意していただき、キャンペーン日にダウンロードしてください。

ホロスコープの新たな地平が見えてくるような内容にしたいと思い、今鋭意準備中です。


*************************************

日時   2019年4月6日(土) 13:15~15:45

場所   銀座アントレサロン・セミナールーム

参加費  8500円

*************************************

  参加申し込みや、場所の詳しい案内は次をご覧ください。

  おーぷん・ざ・せさみず
  http://sesamis.jimdo.com/





楽しく引寄せ!ヴィーナス・ワークご参加の方の声です

heart_of_sky

ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

こんばんは。
先週5月27日に「ヴィーナス・ワーク」第2回を、
開催しました。

今回は岡山からお越しいただいた方もいらっしゃいました。
遠くからのご参加を本当にありがとうございます。


「ヴィーナス・ワークはとても楽しい」と、
皆さんからの声をいただきます。

ワークの後は皆さん元気いっぱい、
上気したお顔で帰られますが、
さっそくtwitterにもアップいただいています。

今回は、ご参加皆さんの声を紹介しましょう。
まずは、ソラノトビラ。さんのtwitterから。



ソラノトビラ。さんは、
日々のホロスコープを読んで、
記事をずっと継続してアップされています。

ワークの瞑想では、イメージを深く感じられました。

ヴィーナス・ワークは、感じるためのワークですので、
瞑想をしてさらにお絵描きで感じたことを形にします。
雑談も交えながらみんなでワイワイと作品を作っていきます。

次は、桐吉謳子さんのtwitterです。



桐吉謳子さんは、ウラナイ・トナカイで、
鑑定をされています。

ブログ「きらきら星をつかまえて」の記事は,
文学作品も交えて格調高く、読み応えがあります。

私も驚いたのですが、瞑想では深く入れられたようです。
瞑想では、宇宙、地球、人の3点をエネルギーで結びます。
胸のリングの活性化が効いたのかも?

バラ(五角、金星の象徴)を感じとられていました。


ヴィーナス・ワークは、
恋愛と収入を引き寄せることを目論みます。
さっそくワーク後の変化をお知らせいただいた方もいます。

「ワークでは進行金星のグランドトラインの肖像を瞑想しましたが、
ワークの次の日の、友人からの入籍報告でビックリしました。

私の進行の金星が牡羊座で、友人のネイタルの太陽が射手座です。
実は旦那さんの進行の金星が獅子座なので、ちょうど3人で、
牡羊、射手、獅子と、火のグランドトラインができていました。

偶然かもしれないですが、結婚というのが、金星的です。
しかも度数のオーブも2度以内の、タイトなグランドトラインです。

仕事では月に数件しかない大きい契約が2日続けて成約できました。
また昔の友人にも偶然出会えましたし、
他にもたくさん金星につながる楽しいことが続いた一週間でした」

ワークをしたことで、とてもハッピーなことが続きました!
という、お知らせをいただき私もとても嬉しいです!
これからもますます活用してください!

それから、私のナレーションで瞑想の誘導をしたのですが、
録音を聴くたびにやっぱり深く入られてしまうそうです。

そんなに深く誘導しようと意図したわけではないのですが・・・

実は私の出生の金星は海王星とタイトなオポジションです。
金星を呼べば海王星もピッタリ乗ってくるのかもしれません。

金星を意識して引き寄せを目論む「ヴィーナス・ワーク」
今回も楽しく体験し、そして変化を引き起こしています。

引き続きご注目ください。



↓今回もご愛読ありがとうございます。応援いただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




プロフィール

茜鳥ジュン

Author:茜鳥ジュン
西洋占星術研究者。西洋占星術と人間関係の関連を研究し、プログレス・シナストリに出会う。プログレス・シナストリに、恋愛の始まりと終わりがはっきり示されていることに魅了され研究している。
著書は『恋愛占星術プログレス・シナストリ入門 すてきなパートナーを見つけたいあなたに』(Kindle版)。日本でこの技法を初めて紹介した著作。
中学で雑誌「コズモ」を購読、大学で各精神世界研究会に参加していたので、超常現象やスピ歴は40年以上になる。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。