FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界史を塗り替えるイクエイター・クロッシング

ミネルバのふくろうは、今日も黄昏時に飛び立ちます。

こんばんは。
5月26日に、『もうひとつのホロスコープ「赤緯占星術」講座』
第二回目を行いました。
(報告が遅くなりすみません)

今回も申し込みが多く、早くから定員いっぱいとなりました。
また、遠く和歌山と神戸からご参加くださった方もいらっしゃいました。
都合で出席できないが資料だけでも欲しい、という方もいらっしゃいました。

講座の内容は前回と同じくように、とても盛り沢山。
またまた予定時間をオーバーしたのですが、
「とても素晴らしかった」「とても楽しかった」とのご感想をいただきました。

ご参加の方、他皆様より評価いただき、私自身とても励みになります。
どうもありがとうございます。


さて、今回の講座で初めてお話したのですが、
赤緯占星術を勉強するうえでも、特に注目すべき事象を紹介します。

英語圏でもこれに言及している占星術研究者はいないようですが、
私たちの生活や政治、経済に及ぼす影響はとても計り知れないものがあります。

それは、イクエイター・クロッシング(Equator Crossing)、つまり赤道通過です。


<トランスサタニアンの赤道通過が歴史の転換期>

まず、下の天球図を見てください。

celestial_sphere.png

天球図で黄道と天の赤道が交差するのが、春分点と秋分点です。
太陽が天秤座から魚座にあるときは南緯にあり、春分点で赤道を通過します。
また牡羊座から乙女座にあるときは北緯にあり、秋分点で赤道を通過します。
南緯から北緯へ、北緯から南緯へ、太陽は年に二回、赤道を通過します。

他の惑星も赤道を通過します。
特に、公転周期が長いトランスサタニアンが赤道を通過するときは、
世界の歴史で大きな変化が起きた、いわば転換点です。

<初の原子炉臨界とベルリンの壁崩壊>

下は、海王星が赤道に近づいた、1942年12月3日のチャートです。
この日、海王星は北緯0.51度にあり、赤道に近づきました。

19421203rinkai
(Stargazerの出力物掲載には許可を得ています)

正確には、海王星が赤道通過(Equator Crossing)したのは、
翌年1943年11月のことになります。

しかし、この日がとても象徴的なのは、シカゴ・パイル1号が臨界したことです。
人類が歴史上初めて臨界に達した原子炉が、シカゴ・パイル1号です。
原子力発電、原子爆弾への時代の扉を開いた、歴史の転換点と言えます。

冥王星が赤道に近づいた時期は、東欧革命を引き起こしました。
下は、1989年11月9日ベルリンの壁崩壊のチャートです。

19891109berlin
(Stargazerの出力物掲載には許可を得ています)

実際に冥王星が赤道通過したのは、この日より前の1987年です。
しかし、冥王星が赤道に近づくのと時を同じくして、
ポーランドでは民主化運動が進み、東欧では社会変革が巻き起こりました。

赤緯でみると、ベルリンの壁崩壊のチャートはとても象徴的な配置をしています。
木星以降、冥王星まで総動員です。

まず、木星の北緯23度に対して、
南緯23度、24度にある、土星、天王星、海王星がコントラパラレルです。
木星に強い集中力がかかっています。

そのコントラパラレルのほぼ真ん中、赤道に近くに冥王星があります。
まるで北緯の木星と南緯の天体に挟まれているかのようです。

これを、赤緯上のミッドポイントの配置と見ることができます。
マクブルーム式(Don McBroom)に、このミッドポイントを読んでみましょう。

冥王星 (focal point)
= 木星 / 土星
= 木星 / 天王星
= 木星 / 海王星

木星は信じることです。
信じることがビジョンと希望(海王星)をもたらし、変革(天王星)を起こし、
限界(土星)を取り払うことで、社会変革(冥王星)が達成されたのです。
人々の信念が社会変革へと導いた、それを象徴的する配置と言えます。

赤道は、北緯と南緯を区切る境界線です。
赤道は、私たちの意識と無意識の狭間であり、
人類全体が抱く集合的な思いが、実際に現実化するギリギリの境界線と言えます。

臨界とは核分裂反応の境界超えです。
ベルリンの壁も人類の意識を分断する二元性の境界でした。

トランスサタニアンが赤道を超えるときは、
私たち人類も自らに課した境界を乗り越えることができるのです。

<2026年、ネプチューン・ライジング>

公転周期が約250年の冥王星は、ほぼ125年ごとに赤道を通過します。
ベルリンの壁崩壊から数えて125年前の年が、1862年。
この年は、冥王星だけでなく海王星も赤道に近づきました。

日本ではこの年、生麦事件が起きました。
幕末から明治へと押しやったのが、冥王星、海王星の赤道通過と言えるでしょう。


では、次にトランスサタニアンが赤道通過するのは、いつでしょうか?

下は、2026年11月、海王星が赤道通過、春分点超えの時のチャートです。
この時、土星も赤道を通過し、冥王星はアウト・オブ・バウンズです。

20261125neptunerising
(Stargazerの出力物掲載には許可を得ています)

天王星は1942年の初臨界と同じく、北緯21度にあります。
冥王星は1942年北緯24度、2026年南緯24度と対照的な位置にあります。

1942年は第二次大戦中で、世界中に戦火が拡がっていきましたが、
2026年も再び、私たちは戦火の渦中にあるのでしょうか。

1942年と異なり、冥王星は水瓶座にあります。
水瓶座は散らそうとするので、国家はむしろ解体に向かっていると私は思います。
海王星は無意識の魚座から、意識の狭間に浮上してきます。

2026年、ネプチューン・ライジング。
土星の赤道通過と相まって、この頃に精神文明の黎明を迎えるような気がします。
原子力に代わるエネルギーが普及しようとしているでしょう。

天王星と冥王星のカーデイナル・クライマックスは終了しました。
ですが、イクエイター・クロッシング、
トランスサタニアンの赤道通過が歴史の転換点ならば、
クライマックスは、むしろこれからに本番に突入していくと思います。




↓今回もご愛読ありがとうございます。応援いただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




コメント

Secret

No title

よろしくお願いします
ttp://blju.net/

Re: No title

訪問ありがとうございます
> よろしくお願いします
> ttp://blju.net/
プロフィール

茜鳥ジュン

Author:茜鳥ジュン
西洋占星術研究者。西洋占星術と人間関係の関連を研究し、プログレス・シナストリに出会う。プログレス・シナストリに、恋愛の始まりと終わりがはっきり示されていることに魅了され研究している。
著書は『恋愛占星術プログレス・シナストリ入門 すてきなパートナーを見つけたいあなたに』(Kindle版)。日本でこの技法を初めて紹介した著作。
中学で雑誌「コズモ」を購読、大学で各精神世界研究会に参加していたので、超常現象やスピ歴は40年以上になる。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。